プロミスの審査は注意!

Q:銀行カードローンのメリットを教えて下さい。

A:総量規制対象外の「銀行カードローン」にはメリットが多いと言えます。
その中でも銀行と消費者金融の利点を兼ね備えた「プロミス」が
最もメリットが多いと言えるでしょう。

promisu

まず、銀行カードローンを消費者金融と比較した場合、

① 圧倒的に金利が低い
② 限度額が高い
③ 銀行や提携ATMの数が多い
④ ATM手数料が0円

これら4つのメリットだけでも、今後は「銀行カードローン」のほうが主流となるでしょう。
このうちの②の例などは、総量規制対象外であるがゆえの最大のメリットとも言えます。
つまり審査が通れば「総量規制以上=年収の1/3を超える融資も可能」ということです。

この点において、利用者にとっては総量規制の対象となる貸金業者
(消費者金融、クレジットや信販のキャッシング)よりも、
総量規制対象外の「銀行カードローン」のほうが便利でしょう。

このように、総量規制対象外の「銀行カードローン」にはメリットが多いです。
現在、キャッシング市場の中心は「銀行カードローン」になっているとも言えるでしょう。

その一方、「銀行カードローン」にある唯一と言っていいデメリットとしては、
消費者金融等に比べ、「審査に時間がかかり、即日融資が難しい」というのが挙げられます。

この「スピード審査・即日融資」についてだけは、貸金業界の先進である消費者金融の方がずっと早いので、
「すぐにお金が必要」という人にとっては、金利の低さよりもその日に借りられる便利さのほうが勝り、
高い評価を得ているのです・・。

そこで、消費者金融と銀行、それぞれのよいところを兼ね備えたカードローンをご紹介します。
<<総量規制対象外でもスピード審査・即日融資の銀行カードローン>>

<<スピード審査・即日融資のプロミスのご紹介>>

Q:「プロミスは、銀行なのにどうして審査が早くて即日融資可能なのですか?

A:「プロミス」は元々大手消費者金融でした。ですから審査スピードと即日融資のノウハウと経験が豊富。
そして現在では新生銀行が直接貸付するカードローンなので「総量規制対象外」なのです。

<<プロミスならスピード審査&即日融資可能!>>

銀行カードローンは総量規制が適用されませんが、そのほとんどは審査に時間がかかり、即日融資はできないところばかり・・。
それには様々な理由がありますが、最も大きな原因は「ノウハウや経験が不足している」からと考えられます。

銀行が個人向け融資(カードローン)を扱うようになったいきさつについて・・。

銀行は、少し前までは無担保の個人向け融資はあまり積極的に扱っておらず、
メインはあくまでも企業への設備投資融資でした。
個人向けとしては住宅ローン・自動車ローンなど、担保のあるものに限定していました。

一方、消費者金融は早くから個人向けに無担保・無保証での即日融資を行っていました。
個人の信用だけで即日現金を借りられるのは、消費者金融独自のノウハウによるものだったのです。

その後、銀行は個人向け貸付に参入しようとしましたが、その際の与信判断、
審査から融資にいたるまでのノウハウやシステムがないことが大きなネックとなりました。

そこで銀行は、大手消費者金融をグループ会社や子会社に迎え、
個人向けの融資ノウハウやシステムを手に入れました。

それが銀行のグループ会社や子会社で扱っている各種カードローンですが、
それらはあくまでも「銀行系のカードローン」であり、
銀行本体が貸付している「銀行カードローン」ではありませんから、
「総量規制」が適用されています。

従いまして、銀行本体が発行しているにもかかわらず、
審査が早くて即日融資可能なプロミスは
まさに《いいとこ取りの理想的なカードローン》と言えます。

Q:プロミスが選ばれる理由とは?

A:選ばれる理由は《「銀行カードローンのメリット」「スピード審査&融資」「無利息期間」》

「プロミス」は、
「総量規制の対象外」なのに「スピード審査・即日融資対応」が魅力ですが、
さらに、銀行カードローンなのに「無利息期間」があることで、
今一番人気の高いカードとなっているのです。

「無利息期間」について説明しますと、
これは主に消費者金融のカードローンによくあるサービスで、
新規契約の後、一定の期間のみ、利息が免除される仕組みとなっています。

「プロミス」なら、「借入額のうち5万円までは180日間無利息」
もしくは「借入額全額30日間無利息」のいずれかです。
(この2つの無利息を併用するのは不可となっていますが)。

具体的に説明しますと、
100万円を15%の金利で借りると、30日間の利息は12,328円ですが、
「プロミス」で借りれば30日間無利息ですので、金利0%となり、
本来12,328円である利息を払わなくて良いのです。

金融会社にとっては売り上げ=利息ですから、このような「無利息サービス」を行っている会社はわずかです。

総量規制対象外の銀行カードローンのメリット4つについては冒頭で説明しましたが、

「プロミス」ならその4つのメリットに加えて

⑤無利息期間がある

ことがプラスされ、
これは利用者にとっては<<非の打ち所がないキャッシングカード>>と言えるでしょう。

そして④のメリットについてさらに補足しますと、
プロミスATMをはじめ、新生銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソンATM、Enet利用手数料全て0円!

銀行カードローンのメリットとして利便性の高さがありますが、「プロミス」の場合
プロミスATMをはじめ、新生銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソンATM、Enet利用手数料全て0円!という便利さ。
他の提携ATMも数多くあり、利便性の良さはトップクラスと言えます。

このように、「プロミス」は
「スピード審査&即日融資」「無利息期間」「利便性の良さ」に加えて
「年収3分の1以上でも融資可能」な総量規制対象外の有利性を併せ持つ、

<<本当に自信を持ってオススメできる銀行カードローン>>です。